【2018年巨人育成ドラフト4位】敦賀気比高、黒田響生選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、巨人育成ドラフト4位、敦賀気比高、黒田響生選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

敦賀気比高、黒田響生選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 184cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 遊撃手
出身校 敦賀気比(福井)
17年秋実績 福井大会8強(●3-10福井工大福井)
18年春実績 福井大会8強(●4-7坂井)
18年夏実績 福井大会優勝(○2-1若狭)
甲子園実績 3年夏1回戦(1-10木更津総合(東千葉))

敦賀気比高、黒田響生選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は5番ショートでスタメン出場し、5打数1安打、打率.200、打点1を記録しましたが、チームは初戦敗退しています。

2年夏の大会は7、8番ショートでレギュラー出場したり途中から出場し、11打数4安打、打率.364、打点1の成績を残しましたが、チームは8強で敗れています。

3年夏の大会は2番ショートでレギュラー出場し、13打数6安打、打率.462、打点2と好成績を残し、チームも甲子園出場を果たしました。

甲子園では初戦敗退ながら、4打数1安打、打率.250の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

敦賀気比高、黒田響生選手の特徴

広角に打ち分けられる打撃と軽やかで安定した守備も魅力の右の巧打者です。

打撃フォームは一般的なフォームで背も高いのでトップの位置も高めになりますが、甘いボールも厳しいボールも振り負けずにに打てるのが特徴になります。

2年、3年と夏の予選では3割を超えて安定的に安打が打てるのが魅力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロがマークしているという評価は聞こえてきませんが、強豪敦賀気比において1年からレギュラーを勝ち取り安定的に成績を残しています。

水面下で調査している球団があれば、指名される可能性は少なからずあると思います。

期待しましょう!

10/25追記

巨人育成ドラフト4位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年巨人育成ドラフト3位】旭川大高、沼田翔平選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする