【2018年ドラフト】魚津工高、酒井啓佑選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、魚津工高、酒井啓佑選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

魚津工高、酒井啓佑選手の略歴、出身

出身 富山県魚津市
身長/体重 173cm/68kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 遊撃手
出身校 魚津工(富山)
17年秋実績 富山大会8強(●0-7高岡商)
18年春実績 富山大会2回戦(●3-5魚津)
18年夏実績 富山大会8強(●9-10高岡第一)
甲子園実績 なし

魚津工高、酒井啓佑選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、1番レフトで出場しましたが、初戦で敗退しました。

3年夏の大会は、4試合に1番ショートでレギュラーを務め、17打数6安打、打率.353の成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

魚津工高、酒井啓佑選手の特徴

走攻守三拍子そろった左の巧打者です。

二塁到達7.8秒の脚力とベースランニング能力を持ち合わせ、広角にも打つことが出来るリードオフマンとしてチームで重宝されています。

打撃フォームは体をバットとともに少しピッチャー側に倒して向けて、投球とともに体重を少し後ろに倒してきれいなトップにもっていって振り切るスイングをするのが特徴です。

プロ野球選手でいえば、広島東洋カープの野間選手に近い打撃フォームとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

3年夏の実績も十分残していますし、

マスコミ的には無名ですが、プロは10球団が視察に訪れている逸材になります。

プロからは足と肩はプロのレベルにあると評価されています。

素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】高朋高、佐々木愛輝選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする