2018ドラフト(高校)

【2018年埼玉西武ドラフト2位】浦和学院高、渡邉勇太朗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、埼玉西武ドラフト2位、浦和学院高、渡邉勇太朗選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

浦和学院高、渡邉勇太朗選手の略歴、出身

出身 埼玉県羽生市
身長/体重 190cm/90kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 浦和学院高(埼玉)
17年秋実績 埼玉大会8強(●0-1市立川越)
18年春実績 埼玉大会優(○6-5花咲徳栄)/関東大会8強(●6-7健大高崎(群馬))
18年夏実績 南埼玉大会優勝(○17-5市立川口)
甲子園実績 3年夏8強(●2-11大阪桐蔭(北大阪))

浦和学院高、渡邉勇太朗選手の実績

高校時代は1年秋から控えとしてベンチ入りしています。

2年春の関東大会では3試合で13投球回、失点3の好投を見せました。

2年夏の県大会では6試合で22.2投球回、奪三振19、失点5の成績を残しています。

2年夏の決勝では先発しましたが4.2投球回、失点3で花咲徳栄に敗れ準優勝に終わりました。

3年春に右肘痛を発症しましたが、夏には間に合い甲子園出場を果たしました。

甲子園では3試合で、21.1投球回、奪三振22、自責点5、防御率2.11、奪三振率9.28の成績を残しています。

U18高校日本代表にも選出され、3投球回を無失点に抑えています。

【スポンサーリンク】

浦和学院高、渡邉勇太朗選手の特徴

最速149km/hの直球に、スライダー、カーブ、SFF、ツーシームをあやつる本格派右腕です。

常時セットポジションから重心を下げながらスムーズに体重移動しながら腕を振り切る投球フォームとなっています。

常時140km/hを超える真っ直ぐに、スライダー、カーブ、ツーシームを主に織り交ぜ奪三振を奪います。

プロ野球選手でいえば、アナハイムエンゼルスの大谷翔平選手の投球フォームに近いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は抜群で、プロからも複数球団が注目している選手になります。

甲子園でも活躍して、お茶の間にも有名になりました。

ドラフトで指名される可能性は高いと思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

埼玉西武ドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武ドラフト1位】日体大、松本航選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】