【2018年千葉ロッテドラフト3位】早稲田大、小島和哉選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、千葉ロッテドラフト3位、早稲田大、小島和哉選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

早稲田大、小島和哉選手の略歴、出身

出身 埼玉県鴻巣市
身長/体重 175cm/76kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 浦和学院高(茨城)

高校時代は1年夏からベンチ入りしています。

1年夏はリリーフとして3イニング甲子園を経験しています。

1年秋からエースナンバーを背負い、2年春のセンバツでは5試合を42イニング3失点でセンバツ制覇にチームを導きました。

2年夏も甲子園に出場しましたが、初戦1回戦の仙台育英戦で10失点してしまい、チームも10-11でサヨナラ負けを喫しています。

3年夏は県大会3回戦で敗退しています。

早稲田大、小島和哉選手の実績

大学では1年春からリーグ戦に出場しています。

1年春はリリーフとして3勝、21.2投球回、防御率1.25という成績を残しています。

その後先発に転向してコンスタントに毎年結果を残し続けて、

4年春までの通算で、18勝、247.1投球回、防御率2.55、奪三振率7.02という成績を残しています。

大学2年と4年時に大学日本代表にも選出され、通算で11.2投球回、防御率0.00という成績を残しています。

【スポンサーリンク】

早稲田大、小島和哉選手の特徴

最速147km/hの直球に、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブ、ツーシームをあやつる左腕です。

ノーワインドアップから足をあげて一瞬タメを作ってから球持ち良く柔らかい腕の振りで投げ込む投球フォームとなっています。

真っ直ぐと変化球をまんべんなく投げ分けて打たせて取るタイプの投手です。

制球面にやや不安がありますが、打者の内角を突く強気の投球が持ち味となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代の実績は抜群で、大学3年時に少し伸び悩んだといわれていますが、4年時にしっかり修正して合わせてきたなという印象が強いです。

プロからも複数球団から注目されていますので、ドラフトで指名される可能性は高いと思われます。

期待しましょう!

10/25追記

千葉ロッテドラフト3位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年千葉ロッテドラフト2位】日体大、東妻勇輔選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする