【2018年東北楽天ドラフト育成1位】八千代松陰高、清宮虎太朗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、東北楽天ドラフト育成1位、八千代松陰高、清宮虎太朗選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

八千代松陰高、清宮虎太朗選手の略歴、出身

出身 千葉県八千代市
身長/体重 190cm/84kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 投手
出身校 八千代松陰高(千葉)
17年秋実績 千葉大会8強(●0-2習志野)
18年春実績 千葉大会8強(●2-9習志野)
18年夏実績 西千葉大会2回戦(●2-3我孫子東)
甲子園実績 なし

八千代松陰高、清宮虎太朗選手の実績

高校時代は1年から控えでベンチ入りしています。

2年秋からエースを任され、この大会は3試合で21.1投球回、19奪三振、4失点の成績を残しています。

3年夏の大会はまさかの2回戦で2-3でサヨナラ負けで敗退しています。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

八千代松陰高、清宮虎太朗選手の特徴

最速145km/hの直球に、スライダー、カーブ、フォーク、カットボールをあやつるスリークウォーター右腕です。

常時140km/h前後の真っ直ぐに、キレのあるスライダーで三振を奪う強気な投手です。

投球フォームはノーワインドアップから重心を下げて一瞬タメを作ってから体全体を使って投げ込むスタイルです。

プロ野球選手でいえば、元東京ヤクルトスワローズの由規投手に近いフォームになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校での実績も十分で、素材としてとても魅力的で、プロも複数球団が注目している右腕になります。

制球面に課題があるようですが、ドラフトで指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

10/25追記

東北楽天ドラフト育成1位で確定しました!!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年東北楽天ドラフト8位】富士大、鈴木翔天選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする