2018ドラフト(高校)

【2018年中日ドラフト5位】山梨学院高、垣越建伸選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、中日ドラフト5位、山梨学院高、垣越建伸選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

山梨学院高、垣越建伸選手の略歴、出身

出身 岐阜県高山市
身長/体重 183cm/95kg
利き投/利き打 左投左打
ポジション 投手
出身校 山梨学院高(山梨)
17年秋実績 山梨大会準優勝(●3-14東海大甲府)/関東大会1回戦(●3-7明秀日立(茨城))
18年春実績 山梨大会優勝(○6-4東海大甲府)/関東大会2回戦(●5-8日大三(西東京))
18年夏実績 山梨大会優勝(○12-4帝京三)
甲子園実績 2年夏1回戦(●5-12前橋育英(群馬))、3年夏1回戦(●12-14高知商(高知))

山梨学院高、垣越建伸選手の実績

高校時代は2年から控えとしてベンチ入りしています。

2年夏は甲子園で1回戦の前橋育英戦にリリーフとして1回を投げ無失点に抑えています。

2年秋からはエースを務め、3年春、夏とチームを県大会優勝に導き、甲子園に2年連続で出場しました。

3年夏の甲子園では1回戦の高知商戦で本来の投球ができず乱打戦の末、12-14で初戦敗退しました。

甲子園通算では2試合を投げて、6.1投球回、自責点9、防御率12.79となっています。

【スポンサーリンク】

山梨学院高、垣越建伸選手の特徴

最速145km/hの直球と、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップをあやつる大型左腕です。

常時セットポジションから右足をゆっくり上げつつ、力感のないまま腕を投げ下ろしてくる投球フォームとなっています。

真っ直ぐは常時140km/h前後を記録し、変化球は主にスライダーとチェンジアップを駆使します。

3年夏の山梨大会では1回戦で9者連続三振を奪うなど奪三振が奪える投手です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

素材としてはいいものを持っており、プロも複数球団が注目していると言われている選手ですので、

ドラフトで指名される可能性はあると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

中日ドラフト5位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年中日ドラフト4位】関東一高、石橋康太選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】