2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】柳ヶ浦高、中園大樹選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、柳ヶ浦高、中園大樹選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

柳ヶ浦高、中園大樹選手の略歴、出身

出身 福岡県
身長/体重 170cm/72kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 柳ヶ浦(大分)
17年秋実績 大分大会3回戦(●1-5鶴崎工)
18年春実績 大分大会2回戦(●1-4日田林工)
18年夏実績 大分大会準優勝(●0-1藤蔭)
甲子園実績 なし

柳ヶ浦高、中園大樹選手の実績

高校時代は3年からベンチ入りしています。

一度肘を疲労骨折をしましたが、リハビリの末、3年夏の大会には間に合いました。

3年夏の大会は、エースの上間投手との二枚看板としてベンチ入りし4試合に登板し(うち先発は3試合)、

15投球回、10被安打、13奪三振、自責点5の成績を残しましたが、チームは決勝で敗れ、惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。

【スポンサーリンク】

柳ヶ浦高、中園大樹選手の特徴

最速143km/hの直球を投げる小柄な本格派右腕です。

持ち球の変化球は不明ですが、まっすぐで三振を奪えるのが特徴です。

全力投球が持ち味で、力のある直球での気迫の投球で県大会準優勝に貢献しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はそこそこですが、素材としては面白い存在かと思います。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はなくはないと思われます。

期待しましょう!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】柳ヶ浦高、上間永遠選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】