【2018年ドラフト】柳ヶ浦高、上間永遠選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、柳ヶ浦高、上間永遠選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

柳ヶ浦高、上間永遠選手の略歴、出身

出身 沖縄県那覇市
身長/体重 180cm/78kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 柳ヶ浦(大分)
17年秋実績 大分大会3回戦(●1-5鶴崎工)
18年春実績 大分大会2回戦(●1-4日田林工)
18年夏実績 大分大会準優勝(●0-1藤蔭)
甲子園実績 なし

柳ヶ浦高、上間永遠選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会は、控えながら2試合に先発登板し、5.1投球回、被安打8、自責点5の成績を残しましたが、チームは4強で敗退しました。

3年夏の大会は、5試合に登板し(うち先発は3試合)、27投球回、被安打19、自責点5の成績を残しましたが、チームは決勝で敗れ、甲子園にあと一歩届きませんでした。

【スポンサーリンク】

柳ヶ浦高、上間永遠選手の特徴

最速144km/hの直球に、スライダー、カーブをあやつる本格派右腕です。

投球フォームはノーワインドアップから重心を下げて柔らかく腕を振るスタイルです。

ノビのあるまっすぐとスライダーを中心に投球を組み立てるのが特徴です。

3年夏の大会は奪三振率10.67、32奪三振と奪三振能力が高い反面、コントロールがやや甘いのが課題といわれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績は十分で、素材としては面白い存在かと思います。

水面下で動いている球団があれば、ドラフトで指名される可能性はあると思われます。

期待しましょう!

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年ドラフト】四日市大、陸昀選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする