2018ドラフト(高校)

【2018年北海道日本ハムドラフト4位】横浜高、万波中正選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、北海道日本ハムドラフト4位、横浜高、万波中正選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

横浜高、万波中正選手の略歴、出身

出身 東京都練馬区
身長/体重 190cm/92kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 外野手
出身校 横浜(神奈川)
17年秋実績 神奈川大会8強(●8-15鎌倉学園)
18年春実績 神奈川大会優勝(○8-1桐光学園)/関東大会8強(●5-13木更津総合(千葉))
18年夏実績 南神奈川大会優勝(〇7-3鎌倉学園)
甲子園実績 1年夏2回戦(●1-5履正社(大阪))、2年夏1回戦(●4-6秀学館(熊本))、3年夏3回戦(4-5金足農(秋田))

横浜高、万波中正選手の実績

高校時代は1年からレギュラーで出場しています。

1年秋には4番ライトで早くもレギュラーをつかみ、ホームラン2本を記録しました。

2年夏には初戦敗退ながら甲子園デビューを飾り、2打数1安打、打率.500を記録しています。

3年の春に一時不調に陥りましたが、3年夏の大会は主に4番を務め、県大会は打率.542、打点12で連続での甲子園出場を果たしました。

しかしながら甲子園では本来の力は出せず、チームは16強に進みましたが、14打数2安打、打率.143に終わりました。

【スポンサーリンク】

横浜高、万波中正選手の特徴

パンチ力と鋭いスイングが魅力の右の強打者です。

打撃フォームは体重をやや後ろ気味に構え、来た球を通常の人より後ろのトップの位置に引き付けてアッパー気味にフルスイングするスタイルをとっています。

50m5秒2の脚力もあり、遠投120mの強い肩も持ち合わせています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

名門横浜で1年からレギュラーを務め、甲子園の出場経験もあり、実績も十分残していますし、

プロも早い段階からマークしている逸材になります。

3年夏の甲子園で調子を崩していたのがどこまで影響しているかにもよりますが、指名される可能性は十分あると思います。

期待しましょう!

 

10/25追記

北海道日本ハムドラフト4位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年北海道日本ハムドラフト2位】花咲徳栄高、野村佑希選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】