【2018年ドラフト】横芝敬愛高、行木俊選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、横芝敬愛高、行木俊選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

横芝敬愛高、行木俊選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 181cm/66kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 横芝敬愛(千葉)
17年秋実績 千葉大会地区予選代表決定戦(●5-6千葉黎明)
18年春実績 千葉大会地区予選代表決定戦(●0-12多古)
18年夏実績 東千葉大会1回戦(●7-8稲毛)
甲子園実績 なし

横芝敬愛高、行木俊選手の実績

高校時代は2年からベンチ入りしています。

2年夏の大会はサード兼控え投手として出場し、打者としては8打数1安打、打率.125、投手としては1試合にリリーフし、2投球回、被安打2、無失点の成績を残しました。

チームは4回戦で敗退しています。

3年夏の大会はエースとして臨みましたが5.1投球回、被安打3、自責点5の成績となり、チームも初戦敗退しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

横芝敬愛高、行木俊選手の特徴

最速145km/hの直球に、スライダー、カーブをあやつる本格派右腕です。

セットポジションから足を上げてテイクバックはやや小さめにして腕を振り下ろす投球フォームとなっています。

長身ながら体格が細いので高校時代のダルビッシュ投手や広島東洋カープのアドゥワ誠投手を彷彿させます。

ストレートよりも変化球の精度が高いのが特徴で、スライダーは縦横の2種類をあやつります。

これまでの実績を見る限り完投型ではないのでスタミナにやや不安が残りますが、試合をまとめるのがうまい投手という印象です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プロからの評価は聞かれませんが、素材としては面白いものを持っています。

ただ実績があまりにも少ないのでドラフトで指名される可能性は低いと思います。

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら【2018年北海道日本ハムドラフト1位】金足農業、吉田輝星選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする