7 中国

【2019センバツ】21世紀枠、米子東高(鳥取)の推薦理由や特徴、成績、甲子園実績は?

どうも!

つっつーです!

2018年も年の瀬に入り、21世紀枠の候補も出そろいました。

各地区の候補9校の絞り込みは12/14ですが、その前に各都道府県の21世紀枠の候補校を紹介していこうと思います。

今回の記事では、米子東高(鳥取)の推薦理由や特徴、成績、甲子園実績についてまとめてみました。

【スポンサーリンク】

21世紀枠、米子東高(鳥取)の推薦理由や特徴とは?

2019年に創立120年を迎える公立高校です。

偏差値が66以上といわれ、鳥取県内1番の進学校で、国公立大学への進学者を多数輩出しています。

2017年には理数教育に力を入れていることが文科省に認められ、スーパーサイエンスハイスクールに指定されました。

推薦理由としては、部員19名ながら近年の県大会で上位進出を果たして文武両道を実践していることや、

地元の子供たちへの野球指導を行っていることが評価されて選出されたようです。

21世紀枠、米子東高(鳥取)の成績とは?

出場大会 戦績
2018秋季鳥取大会2回戦 ○8-1八頭
2018秋季鳥取大会準々決勝 ○3-1鳥取工
2018秋季鳥取大会準決勝 ○5-4倉吉東
2018秋季鳥取大会決勝 ●1-6鳥取城北
2018秋季中国大会1回戦 ○7-6開星(島根)
2018秋季中国大会準々決勝 ○8-6倉敷商(岡山)
2018秋季中国大会準決勝 ○6-5呉(広島)
2018秋季中国大会決勝 ●2-6広陵(広島)

 

近年、県大会では初戦敗退や2回戦敗退が続いている米子東高(鳥取)ですが、今年の秋季大会では県大会準優勝を果たし、中国大会も準優勝を果たしています。

中国大会では開星や倉敷商といった他県の甲子園常連校を破っての準優勝ですので、非常に素晴らしく価値があると思います。

【スポンサーリンク】

21世紀枠、米子東高(鳥取)の甲子園実績は?

米子東高(鳥取)はこれまで春のセンバツに8回、夏の選手権に13回出場経験があります。

1960年の春のセンバツでは甲子園準優勝を果たしています。

甲子園には1996年の春のセンバツ出場を最後に、23年間遠ざかっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

印象としては打撃力、投手力ともバランスの取れた完成度の高いチームの印象です。

中国大会で準優勝していますので21世紀枠ではなく一般枠で選ばれると思いますので、23年ぶりの甲子園での躍動を期待しましょう!

 

その他の21世紀枠の高校はサイトマップの「高校野球」の各地方の項を参照ください。

サイトマップはこちらからどうぞ。 →→ サイトマップ

 

関連記事はこちら  【2019センバツ】21世紀枠、県立勝山高(岡山)の推薦理由や特徴、成績、甲子園実績は?

補足:21世紀枠の選考基準や選考条件とは?

前年の秋季大会の県大会、各地区大会で上位の成績をおさめた学校を選抜する選考基準を活かして、

野球部の成績だけではなく、地域に対して高校野球の模範となるような取り組みをしている高校を以下の基準で選考しています。

①秋季大会の県大会のベスト16以上の成績を残していること(加盟出場校が129校以上の場合はベスト32以上の成績を残していること)

②以下の事例のいずれかに当てはまる学校

・少数部員、施設面のハンディがある、自然災害など困難な環境を克服していること

・学業と部活動を両立して文武両道を実践していること

・近年の春夏も含めた県大会の成績が良好で、強豪校に敗れて甲子園出場に惜しくも届いていないこと

・創意工夫した練習に取り組んで成果をあげていること

・校内や地域での活動が他の生徒や他校、地域に良い影響を与えていること

 

例年は各都道府県の21世紀枠の推薦校が1校ずつ11月中に選出され、今年は12/14に東北、関東・東京、北信越、東海、近畿、中国、四国、九州の各地区で1校ずつ計9校に絞られます。

その後、2019年1月25日に行われる一般枠も含めた選考委員会で、東日本(東北、関東・東京、北信越、東海)から1校、西日本(近畿、中国、四国、九州)から1校をそれぞれ選出し、

残る1校は地域を限定することなくに選出するという条件で毎年選ばれています。

【スポンサーリンク】