2018ドラフト(高校)

【2018年ドラフト】四商高、松山真之選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、四商高、松山真之選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

四商高、松山真之選手の略歴、出身

出身 不明
身長/体重 不明cm/不明kg
利き投/利き打 不明
ポジション 投手、捕手
出身校 四商高(西東京)
17年秋実績 東京大会1次予選(●7-8東京)
18年春実績 東京大会1次予選(●1-7日体荏原)
18年夏実績 西東京大会2回戦(●0-7昭和)
甲子園実績 なし

四商高、松山真之選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、初戦敗退ながらリリーフで登板し、1投球回、被安打1の成績が残っています。

2年夏の大会は、初戦敗退ながら6番キャッチャーでレギュラーを務めて4打数2安打、打率.500、打点1の成績を残しています。

3年夏の大会は、初戦敗退ながら5番打者で先発登板し、打者としては3打数0安打、打率.000、打点0、投手としては6投球回、被安打10、自責点7という成績を残しています。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

四商高、松山真之選手の特徴

詳しい投球フォームや打撃フォームに関する情報は不明です。

投手、捕手として高い野球センスの持ち主とは言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実績はほとんどない選手になります。

ドラフトで指名される可能性は低いと思います。

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年ドラフト】東海大甲府高、濱将乃介選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】