2018ドラフト(高校)

【2018年埼玉西武ドラフト5位】遊学館高、牧野翔矢選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、埼玉西武ドラフト5位、遊学館高、牧野翔矢選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

遊学館高、牧野翔矢選手の略歴、出身

出身 石川県穴水町
身長/体重 178cm/77kg
利き投/利き打 右投左打
ポジション 捕手
出身校 遊学館(石川)
17年秋実績 石川大会3回戦(●6-7北陸学院)
18年春実績 石川大会2回戦(●0-5金沢)
18年夏実績 石川大会8強(●0-1金沢商)
甲子園実績 なし

遊学館高、牧野翔矢選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年秋には1番ショートで早くもレギュラーをつかみ、2年春からはキャッチャーで正捕手を務めています。

2年夏の大会は3番キャッチャーで出場し、打率.480を記録しました。

3年の春に右足首じん帯損傷のけがをしましたが、3年夏の大会には間に合い、11打数5安打、打率.455、打点3の成績を残しました。

甲子園の出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

遊学館高、牧野翔矢選手の特徴

鋭いスイングが魅力の左の巧打者です。

送球の二塁到達タイムは1.8秒台と強肩の持ち主で、高校通算15発の長打力も魅力です。

打撃フォームはバットを肩に担ぎ、どっしりと重心を下げた構えから素早く振り切る鋭いスイングが持ち味です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

甲子園の出場経験こそありませんが、実績も十分残していますし、

マスコミ的には無名ですが、プロは11球団が視察に訪れている逸材になります。

素材として指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

10/25追記

埼玉西武ドラフト5位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年埼玉西武ドラフト4位】東日本国際大粟津凱士選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】