8 四国

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(愛媛編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の愛媛県勢についてまとめてみました。

愛媛では済美高校が2年連続6回目の出場を勝ち取りましたが、最近の愛媛勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の愛媛勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、愛媛勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

 

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
済美 6(04,05,08,13,17,18) 3(07,09,10) 2(06,12)
今治西 6(03,06,07,11,12,15) 2(00,13) 2(09,18)
宇和島東 2(99,10) 2(01,03) 3(00,04,11)
松山聖陵 1(16) 1(02) 3(07,13,17)
小松 1(14) 1(15) なし
西条 1(09) 2(99,05) 3(01,10,14)
川之江 1(02) 1(12) 4(06,07,13,17)
松山商 1(01) なし 6(99,00,03~05,18)
丹原 1(00) なし なし
帝京五 なし 2(08,17) なし
新田 なし 4(04,11,16,18) 5(99,01,05,08,10)
松山東 なし 1(14) 1(15)
今治北 なし 1(06) 2(03,16)

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で9校が優勝しています。

済美と今治西の2強に新鋭の松山聖陵

近年は済美と今治西を中心に甲子園出場が争われ、2013年より松山聖陵も力をつけて2016年に甲子園出場を果たしています。

果たして松山聖陵がこのまま加わり3強となるのか期待ですね。

松山商の復活と新田への期待

高校野球ファンにとってうれしいのが今回の第100回大会は松山商が4強に入り復活気味であることです。近年上位に行けていなかったのでうれしいですね。

また、新田はこの20年で9回4強以上を経験しており、今回の第100回大会も準優勝でした。

来年こそは悲願の甲子園出場を果たしてもらいたいですね。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 宇和島東 1回戦
2000 丹原 2回戦
2001 松山商 4強 4勝
2002 川之江 4強 4勝
2003 今治西 2回戦 1勝
2004 済美 準優勝 4勝
2005 済美 2回戦 1勝
2006 今治西 3回戦 2勝
2007 今治西 8強 3勝
2008 済美 1回戦
2009 西条 2回戦 1勝
2010 宇和島東 1回戦
2011 今治西 1回戦
2012 今治西 1回戦
2013 済美 3回戦 1勝
2014 小松 1回戦
2015 今治西 1回戦
2016 松山聖陵 2回戦
2017 済美 3回戦 2勝

 

上記のとおり愛媛県勢はこの19年夏の甲子園は23勝19敗となっています。

2001年~2007年までは毎年上位に名を連ねていましたが、近年はなかなか勝てていないようです。

とはいえ昨年の99回大会では済美高校は2勝できていますので、今年の済美高校にも期待しましょう。

近年でプロ野球に進んだ愛媛の高校出身の選手は?

近年では済美の福井 優也選手(広島)、安楽 智大選手(東北楽天)、鵜久森 淳志選手(東京ヤクルト)、今治西の熊代 聖人選手(埼玉西武)、帝京五の塩見 貴洋選手(東北楽天)、平井 諒選手(東京ヤクルト)、西条の秋山 拓巳選手(阪神)などがいらっしゃいます。

 

まとめ

甲子園では近年なかなか勝てていなかった愛媛勢ですが、昨年済美は2勝しています。

今回連続出場をする済美にはさらに上位を目指してもらいたいですね。

【スポンサーリンク】