2018ドラフト(高校)

【2018年広島カープドラフト4位】市岐阜商、中神拓都選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープドラフト4位、市岐阜商、中神拓都選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

市岐阜商、中神拓都選手の略歴、出身

出身 岐阜県岐阜市
身長/体重 174cm/82kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手、遊撃手
出身校 市岐阜商(岐阜)
17年秋実績 岐阜大会3位決定戦(●0-1岐阜各務野)
18年春実績 岐阜大会2回戦(●2-3関商工)
18年夏実績 岐阜大会準決勝(●1-4大垣商)
甲子園実績 なし

市岐阜商、中神拓都選手の実績

高校時代は1年からベンチ入りしています。

1年夏の大会は、5番や7番ショートでレギュラーを務め、17打数5安打、打率.294、打点2の成績を残し、チームの4強入りに貢献しました。

2年夏の大会は、1番や2番や4番ショートでレギュラーを務め、19打数4安打、打率.211、打点4の成績を残し、チームの2年連続の4強入りに貢献しました。

3年夏の大会は、1番や2番ショート兼ピッチャーでレギュラーを務め、打者としては18打数5安打、打率.278、打点4の成績を残し、投手としては4試合に登板し(うち先発は3試合)、11投球回、自責点4の成績を残し、チームの3年連続の4強入りに貢献しました。

甲子園出場経験はありません。

【スポンサーリンク】

市岐阜商、中神拓都選手の特徴

最速146km/hの直球で押し切る本格派右腕です。

投球フォームは常時セットポジションから跳ねるように足を高く上げて重心を下げつつ投げ込むスタイルです。

打者としてはバットを立てて揺らしながら構えて、投球と同時に左足を高く上げてタイミングを取って振り切る打撃フォームをしています。

長打力が魅力で、高校通算46発のホームランを記録している右の強打者です。

50m5秒9の脚力と、遠投115mの強肩の持ち主でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1年からスタメン出場して、プロから注目を浴びてきた選手です。

伸びしろが十分あるように思えるので、素材としてドラフトで指名される可能性があるかもしれません。

期待しましょう!

 

10/25追記

広島カープドラフト4位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年広島カープドラフト3位】智弁和歌山高、林晃汰選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】