1 北海道

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(南北海道編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の南北海道勢についてまとめてみました。

南北海道では北照高校が5年ぶり4回目の出場を勝ち取りましたが、最近の南北海道勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の南北海道勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、南北海道勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順で比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 4強回数
北海 6(99,08,11,15,16,17) 1(01) 1(12)
駒大苫小牧 6(01,03,04,05,06,07) 3(11,13,18) 1(99)
札幌第一 3(02,09,12) 1(08) 2(10,16)
北照 3(10,13,18) 4(00,05,09,15) 4(99,01,06,08)
東海大札幌(旧東海大四) 1(14) 1(17) 4(02,04,08,15,16)
札幌南 1(00) なし 2(07,11)
札幌日大 なし 2(12,16) 2(14,18)
小樽潮陵 なし 1(14) 1(15)
函館大有斗 なし 1(10) 1(13)
函館工 なし 1(07) 4(00,01,09,17)
札幌光星 なし 1(06) なし
北海道栄 なし 2(03,04) 1(18)
北海道尚志学園 なし 1(02) 1(03)

※かっこ内は年度を示しています。

過去20年では6校のみが優勝していますので、北北海道(11校)と比べて特定の強豪校で競い合っているのが見て取れます。

一時代を築く北海と駒大苫小牧

南北海道では特定の高校が強い時期が続く傾向があり、なかでも北海高校は3連覇、駒大苫小牧は5連覇を経験しています。

北海については、夏の甲子園通算出場回数が38回と南北海道最多であり、00年代以前から一時代を築いてきました。

駒大苫小牧については、夏の甲子園通算出場回数が7回と北海と比較すると少ないですが、03~07年に5連覇を達成するなど一時代を築きました。近年は甲子園から遠ざかっていますが、今回の大会も準優勝と南北海道大会では変わらず上位にきているので、いずれまた甲子園で躍動する姿が見れるのではないでしょうか。

 

追いかける北照と札幌第一

その次に注目されるのが今回の100回大会に出場する北照札幌第一です。

両校とも準優勝、4強を何度も経験していますので、近い将来、北海や駒大苫小牧のように連覇する時代も来るのではないでしょうか。

 

甲子園での戦績は?

 

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 北海 1回戦
2000 札幌南 1回戦
2001 駒大苫小牧 1回戦
2002 札幌第一 1回戦
2003 駒大苫小牧 1回戦
2004 駒大苫小牧 優勝 5勝
2005 駒大苫小牧 優勝 5勝
2006 駒大苫小牧 準優勝 4勝
2007 駒大苫小牧 1回戦
2008 北海 1回戦
2009 札幌第一 2回戦 1勝
2010 北照 1回戦
2011 北海 1回戦
2012 札幌第一 1回戦
2013 北照 1回戦
2014 東海大四 2回戦 1勝
2015 北海 1回戦
2016 北海 準優勝 4勝
2017 北海 2回戦

上記のとおり北北海道勢はこの19年夏の甲子園は20勝19敗で一つの勝ち越しとなっています。

とはいうものの、これは駒大苫小牧と北海の優勝準優勝が大きく影響しているためで、初戦を突破したのは、04年~06年、09年、14年、16年の6回となっており、北北海道(5回)と同様、北海道勢は初戦で苦しむ傾向にあるようです。

 

近年でプロ野球に進んだ南北海道の高校出身の選手は?

 

近年では駒大苫小牧の田中 将大選手(ヤンキース)、大累 進選手(日本ハム)、北海の阪口 皓亮選手(DeNA)、瀬川 隼郎選手(元日本ハム)、鍵谷 陽平選手(日本ハム)、北照の西田 明央選手(ヤクルト)、又野 知弥選手(元ヤクルト)、村上 海斗選手(巨人)、東海大札幌の田代 将太郎選手(ヤクルト)、伏見 寅威選手(オリックス)、函館工の青山 浩二選手(楽天)、札幌日大の水野 滉也選手(DeNA)などがいらっしゃいます。

 

まとめ

 

甲子園での南北海道勢は、初戦さえ勝てば近年は6回中4回決勝に進出していますが、いずれも北海か駒大苫小牧です。

今回第100回大会出場の北照は、近年出場の過去2回はいずれも初戦敗退していますので、今年こそ是非初戦突破していただき、新たな歴史を作ってもらいたいですね。

 

 

【スポンサーリンク】