1 北海道

第100回夏の甲子園を考察して見えてきたものとは?(北海道編)

どうも!

高校野球を愛するつっつーです!

2018年の夏の甲子園は雨天順延がなくあっという間に過ぎていきましたね。

大会前の期待通り、目が離せない試合が目白押しでした。

そこで、本記事では、2018年の第100回大会の各都道府県の出場校の甲子園での成績を地方ごとに考察してみました。

【スポンサーリンク】

北海道勢の第100回大会の戦績

北海道勢の第100回大会の戦績を以下にまとめました。

高校名 所属県 戦績 勝数
旭川大 北北海道 1回戦
北照 南北海道 1回戦

北海道勢は残念ながら2校ともに初戦敗退となりました。

 

旭川大(北北海道)

旭川大 1回戦 対佐久長聖(長野) 4-5 ●

 

旭川大は1回戦で佐久長聖と一進一退の好ゲームを魅せましたが残念ながら初戦敗退となりました。

この試合は初回に2点を先制される苦しい展開でしたが、2回3回で3点を奪い逆転に成功します。

しかし8回に逆転され、土壇場9回に追いついて延長でも決着がつかずに大会史上初のタイブレークに突入しました。

後攻の旭川大でしたが、13回に決めきれずに、14回に勝ち越しを許し、そのまま敗退となりました。

 

北照(南北海道)

北照 1回戦 対沖学園(南福岡) 2-4 ●

 

北照は1回戦で初出場の沖学園と対戦し、接戦の末、惜しくも敗退となりました。

沖学園に序盤に3点先行される苦しい展開でしたが、5回に2点を返して反撃します。

しかし、沖学園の齊藤投手の前に決めてを欠き、7回に貴重な追加点を奪われてそのまま初戦で甲子園を去ることになりました。

 

まとめ

今回の第100回大会では、2校とも初戦敗退となりましたが、ともに接戦の末に敗れています。

この悔しさをバネにして来年また甲子園に帰ってきてほしいですね。

【スポンサーリンク】