2018ドラフト(大学)

【2018年広島カープドラフト2位】九州共立大、島内颯太郎選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

どうも!

つっつーです!

いよいよ2018年のドラフト会議が近づいてきました。

そこで、プロ志望届を提出した選手を紹介していこうと思います。

今回は、広島カープドラフト2位、九州共立大、島内颯太郎選手の略歴、出身と実績と特徴をまとめてみました。

【スポンサーリンク】

九州共立大、島内颯太郎選手の略歴、出身

出身 福岡県福津市
身長/体重 180cm/70kg
利き投/利き打 右投右打
ポジション 投手
出身校 光陵高(福岡)

 

高校時代は2年夏からエースを務めていました。

2年夏、3年夏ともに3回戦で敗退しています。

3年夏の大会では初戦は7回コールドながら被安打2、7奪三振で完封勝利を挙げています。

甲子園出場経験はありません。

九州共立大、島内颯太郎選手の実績

大学では2年春からリーグ戦に出場しています。

2年春は先発として2勝、防御率3.18とまずまずの成績を残しましたが、2年秋はひじを痛め登板なしに終わりました。

3年春はリリーフで復帰し、3年秋は3勝、防御率0.64でMVPに輝いています。

4年春は4勝、防御率2.98でした。

4年春までの通算で、10勝、113投球回、防御率2.23の成績を残しています。

【スポンサーリンク】

九州共立大、島内颯太郎選手の特徴

最速152km/hの直球に、フォーク、チェンジアップとのコンビネーションで抑えていく本格派右腕です。

ノーワインドアップからグラブを上げてから左足を上げる独特のフォームで、一瞬タメを作ってから投げ下ろす投球フォームとなっています。

常時140km/h前半から中盤の真っ直ぐにフォークとチェンジアップを織り交ぜる投球スタイルとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高校時代から球速を10キロ以上も上げてプロ注目の評価を得た右腕になります。

代表選考合宿にも選ばれている右腕になります。

横の変化球を覚えたらさらに進化する可能性を秘めていますので、育成目的で指名する球団があるかもしれませんね。

期待しましょう!

 

10/25追記

広島カープドラフト2位で確定しました!!

 

関連記事で以下もどうぞ↓↓

関連記事はこちら  【2018年広島カープドラフト1位】報徳学園高、小園海斗選手の略歴、出身と実績と特徴とは?

その他の選手はサイトマップよりご覧ください。サイトマップはこちらからどうぞ

【スポンサーリンク】