7 中国

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(鳥取編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の鳥取県勢についてまとめてみました。

鳥取では鳥取城北高校が3年ぶり5回目の出場を勝ち取りましたが、最近の鳥取勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の鳥取勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、鳥取勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
鳥取城北 5(09,12,13,15,18) 2(08,14) 5(99,03,05,06,16)
八頭 4(01,03,10,14) 1(13) 5(02,04,08,11,17)
倉吉北 3(99,02,06) 1(03) 2(00,07)
米子松陰(旧米子商) 2(00,17) 1(16) 1(09)
鳥取商 2(04,11) 1(09) 5(06,08,10,13,14)
鳥取西 2(05,08) 3(02,04,15) 4(03,09,16,18)
2(07,16) 1(11) 1(15)
米子西 なし 3(99,05,18) 3(01,04,15)
米子東 なし 1(17) 1(14)
鳥取育英 なし 1(12) 1(11)
米子北 なし 1(10) なし
倉吉総合産 なし 1(07) なし
倉吉東 なし 1(06) 5(07,10,12,13,17)
由良育英 なし 2(00,01) 1(02)

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で7校が優勝しています。

回数でいえば鳥取城北だが…

甲子園出場回数は鳥取城北の5回が最多となっていますが、その他の八頭、倉吉北、米子松陰とそこまで戦力に差はみられないように思います。

毎年上位の顔ぶれが変動するのも鳥取県勢の特徴ですね。

あと一歩足りない倉吉東

近年の新興校でいえば倉吉東ではないでしょうか。

この2006年以降で6回の4強以上を記録しており、2017年も4強でした。

近い将来悲願の甲子園出場を果たすのも近いかもしれませんね。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 倉吉北 1回戦
2000 米子商 1回戦
2001 八頭 2回戦
2002 倉吉北 1回戦
2003 八頭 2回戦 1勝
2004 鳥取商 1回戦
2005 鳥取西 2回戦
2006 倉吉北 1回戦
2007 1回戦
2008 鳥取西 1回戦
2009 鳥取城北 1回戦
2010 八頭 2回戦
2011 鳥取商 1回戦
2012 鳥取城北 2回戦 1勝
2013 鳥取城北 1回戦
2014 八頭 3回戦 1勝
2015 鳥取城北 2回戦
2016 2回戦
2017 米子松陰 1回戦

 

上記のとおり鳥取県勢はこの19年夏の甲子園は3勝19敗となっており、残念ながらほぼ初戦敗退が続いており、初戦突破がやっとという状態が続いています。

県の立地的にも他県からの有望な選手が集まりにくいのも影響しているかもしれませんね。

近年でプロ野球に進んだ鳥取の高校出身の選手は?

 

近年では鳥取城北の能見 篤史選手(阪神)、藤原 良平選手(埼玉西武)などがいらっしゃいます。

 

まとめ

甲子園ではなかなか勝てていない鳥取勢ですが、今年の鳥取城北にはまずは初戦突破を目指して頑張ってもらいたいですね。

【スポンサーリンク】