6 近畿

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(和歌山編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の和歌山県勢についてまとめてみました。

和歌山では智弁和歌山高校が2年連続23回目の出場を勝ち取りましたが、最近の和歌山勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の和歌山勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、和歌山勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

 

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
智辯和歌山 15(99,00,02,03,05~12,15,17,18) 1(14) なし
市立和歌山 3(04,14,16) 2(11,18) 6(02,05,07,08,10,17)
箕島 1(13) 1(16) 3(00,01,15)
初芝橋本 1(01) なし なし
紀央館 なし 1(17) 1(14)
和歌山商 なし 1(15) 2(09,14)
南部 なし 5(99~01,09,13) 4(03,04,07,11)
那賀 なし 1(12) なし
向陽 なし 1(10) 1(18)
日高中津 なし 2(02,08) 3(00,04,06)
高野山 なし 1(07) なし
田辺 なし 1(06) 1(02)
笠田 なし 1(05) なし
日高 なし 1(04) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で4校が優勝しています。

変わらず圧倒的成績の智辯和歌山

やはり和歌山といえば智辯和歌山ですね。

20年のうち15回甲子園出場は圧倒的です。

ちなみに優勝できなかった大会は1度準優勝したのを除くと、4強にも入っていないというのが印象的ですね。

2005年から2012年まで8年連続で出場していたころに比べると、近年は長期の連続出場はできていませんが、とはいえコンスタントに甲子園出場を果たしているのはさすがです。

ライバル一番手の市立和歌山

近年古豪の箕島や向陽、南部などが復活してきていますが、智辯和歌山の一番の対抗馬は市立和歌山でしょう。

今回の第100回大会はあと一歩のところまで智辯和歌山を追い詰めました。

来年以降は再び打倒智辯和歌山を果たしてほしいですね。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 智辯和歌山 4強 3勝
2000 智辯和歌山 優勝 6勝
2001 初芝橋本 2回戦
2002 智辯和歌山 準優勝 5勝
2003 智辯和歌山 2回戦 1勝
2004 市立和歌山商 2回戦 1勝
2005 智辯和歌山 1回戦
2006 智辯和歌山 4強 4勝
2007 智辯和歌山 1回戦
2008 智辯和歌山 8強 3勝
2009 智辯和歌山 3回戦 2勝
2010 智辯和歌山 1回戦
2011 智辯和歌山 3回戦 2勝
2012 智辯和歌山 2回戦
2013 箕島 1回戦
2014 市立和歌山 1回戦
2015 智辯和歌山 1回戦
2016 市立和歌山 2回戦 1勝
2017 智辯和歌山 2回戦 1勝

 

上記のとおり和歌山県勢はこの19年夏の甲子園は29勝19敗となっていますが、これは00年代前半の優勝、準優勝の成績が影響しています。

00年代と比較すると10年代に入ってからは2012年~2015年まで4年連続初戦敗退など、以前よりは勢いが落ちていますので、今後の復活を期待したいですね。

近年でプロ野球に進んだ和歌山の高校出身の選手は?

 

近年では智弁和歌山の西川 遥輝選手(北海道日本ハム)、岡田 俊哉選手(中日)、武内 晋一選手(東京ヤクルト)、市立和歌山の川端 慎吾選手(東京ヤクルト)、益田 直也選手(千葉ロッテ)、南部の山本 哲哉選手(東京ヤクルト)、岡本 洋介選手(阪神)などがいらっしゃいます。

まとめ

やはり和歌山=智辯和歌山というイメージはデータからも明らかになりました。

今年の県大会も圧倒的な打撃力で勝ち上がってきた智辯和歌山。

甲子園でも大暴れしていただき近年行けていない上位進出を期待したいですね。

【スポンサーリンク】