2 東北

第100回夏の甲子園を考察して見えてきたものとは?(東北編)

どうも!

高校野球を愛するつっつーです!

2018年の夏の甲子園は雨天順延がなくあっという間に過ぎていきましたね。

大会前の期待通り、目が離せない試合が目白押しでした。

そこで、本記事では、2018年の第100回大会の各都道府県の出場校の甲子園での成績を地方ごとに考察してみました。

【スポンサーリンク】

東北勢の第100回大会の戦績

東北勢の第100回大会の戦績を以下にまとめました。

高校名 所属県 戦績 勝数
八戸学院光星 青森 2回戦 1勝
金足農 秋田 準優勝 5勝
花巻東 岩手 1回戦
羽黒 山形 1回戦
仙台育英 宮城 2回戦
聖光学院 福島 2回戦

今回の第100回大会の東北勢は6勝を挙げました。

八戸学院光星(青森)

八戸学院光星 1回戦 対明石商(西兵庫) 9-8 ○

2回戦 対龍谷大平安(京都) 1-14 ●

 

八戸学院光星は1回戦で明石商と対戦し、序盤に7-1と大きくリードしましたが、4回に4点、7回に3点を奪われ同点で延長に突入しました。

そして、延長10回に勝ち越し点を奪い、辛くも初戦突破を果たしました。

2回戦では龍谷大平安と対戦しましたが、序盤に6点、終盤にも8点を奪われ、残念ながら2回戦敗退となりました。

 

金足農(秋田)

金足農 1回戦 対鹿児島実(鹿児島) 5-1 ○

2回戦 対大垣日大(岐阜) 6-3 ○

3回戦 対横浜(南神奈川) 5-4 ○

準々決勝 対近江(滋賀) 3-2 ○

準決勝 対日大三(西東京) 2-1 ○

決勝 対大阪桐蔭(北大阪) 2-13 ●

 

今回の第100回大会で大きく注目された金足農は1回戦の鹿児島実戦は、3点を先制後、吉田投手が鹿児島実打線を1点に抑え、8回にも2点を追加し、初戦突破を果たしました。

2回戦の大垣日大戦は、3回までは点の取り合いになり3-3で投手戦に突入しましたが、8回に大友選手のホームランで勝ち越し、最後は吉田投手が大垣日大打線を抑えきりました。

3回戦の横浜戦は、序盤に2点を取り合ったものの中盤で2点を追加されリードを許して終盤を迎えましたが、8回に高橋選手が起死回生の逆転スリーランホームランを放ち逆転勝利を飾りました。(なお、高橋選手のホームランはこれが公式戦初ホームランでした。)

準々決勝の近江戦は投手戦となり、9回を1-2のビハインドで迎えます。

迎えた9回裏無死満塁と近江の林投手を攻め、最後は逆転サヨナラツーランスクイズでミラクル勝利を収めました。

準決勝の日大三戦も投手戦となりましたが、吉田投手が日大三打線を8回に失った1点に抑え103年ぶりの秋田勢の決勝進出を果たしました。

決勝では、ここまで予選から一人で投げてきた吉田投手に大阪桐蔭打線が襲い掛かり、5回までに12点を奪われ、予選を含めて初めて吉田投手がマウンドを降ります。

その後はサードを守っていた打川選手が好リリーフを魅せ、大阪桐蔭打線を1点に抑えました。

結果は大差での敗戦でしたが、吉田投手の疲れが溜まっていなければ大差にはならなかったと思います。

 

花巻東(岩手)

花巻東 1回戦 対下関国際(山口) 2-4 ●

 

花巻東は初戦で3季連続出場中の下関国際と対戦し、延長の末、残念ながら初戦敗退となりました。

試合は1点を取り合う好ゲームとなり、花巻東は終始リードを奪っていましたが、9回に再度追いつかれると延長10回表に2点を勝ち越されそのまま敗戦となりました。

 

羽黒(山形)

羽黒 1回戦 対奈良大付(奈良) 1-4 ●

 

羽黒は初戦で奈良大付と対戦し、残念ながら初戦敗退となりました。

試合は終始リードを奪われる苦しい展開となり、2年生エースの篠田投手が最後まで粘りましたが、打線が封じられて敗戦となりました。

仙台育英(宮城)

仙台育英 2回戦 対浦和学院(南埼玉) 0-9 ●

 

仙台育英は強豪浦和学院と対戦し、残念ながら初戦敗退となりました。

試合は、序盤から浦和学院の強力打線につかまりリードを奪われると、仙台育英打線も浦和学院のエース渡辺投手を最後まで打ち崩すことができませんでした。

仙台育英はここまで夏の甲子園に出場した場合は8大会連続初戦突破中でしたが、今回でその記録はストップとなりました。

 

聖光学院(福島)

聖光学院 2回戦 対報徳学園 2-3 ●

 

12年連続出場の聖光学院は初戦で地元兵庫の強豪報徳学園と対戦し、惜しくも1点差で初戦敗退となりました。

試合は初回に1点ずつを取り合い、その後1点ずつを取り合う展開になりましたが、2-2で迎えた8回に1点を勝ち越され、その1点に泣く形となりました。

 

まとめ

今回の第100回大会の東北勢は金足農が準優勝と躍進しましたが、初戦突破したのはその金足農と八戸学院光星のみで、それ以外の4校は初戦敗退と力を発揮することができませんでした。

来年以降はこの悔しさをバネにして初戦突破、上位進出を果たしてほしいですね。

【スポンサーリンク】