5 東海

第100回夏の甲子園を考察して見えてきたものとは?(東海編)

どうも!

高校野球を愛するつっつーです!

2018年の夏の甲子園は雨天順延がなくあっという間に過ぎていきましたね。

大会前の期待通り、目が離せない試合が目白押しでした。

そこで、本記事では、2018年の第100回大会の各都道府県の出場校の甲子園での成績を地方ごとに考察してみました。

【スポンサーリンク】

東海勢の第100回大会の戦績

東海勢の第100回大会の戦績を以下にまとめました。

高校名 所属県 戦績 勝数
白山 三重 2回戦
愛産大三河 東愛知 1回戦
愛工大名電 西愛知 2回戦 1勝
常葉大菊川 静岡 3回戦 2勝
大垣日大 岐阜 2回戦 1勝

今回の第100回大会の東海勢は4勝を挙げています。

白山(三重)

白山 2回戦 対愛工大名電(西愛知) 0-10 ●

 

大会前史上最大の下克上出場校として話題になった白山は初戦で強豪愛工大名電と対戦し、残念ながら初戦敗退となりました。

結果だけ見れば圧倒された形ですが、中盤までは0-3で耐えていましたし、打線も6安打を放つなど随所に好プレーは見せてくれました。

 

愛産大三河(東愛知)

愛産大三河 1回戦 対横浜(南神奈川) 0-7 ●

 

22年ぶりの出場となった愛産大三河は初戦で強豪横浜と対戦し、残念ながら初戦敗退となりました。

序盤に横浜の強力打線につかまり5点を失い、その後も小刻みに得点を奪われました。

愛産大三河は散発5安打に終わり、今回も甲子園初勝利とはなりませんでした。

 

愛工大名電(西愛知)

愛工大名電 2回戦 対白山(三重) 10-0 ○

3回戦 対報徳学園(東兵庫) 2-7 ●

 

愛工大名電は初戦は白山を圧倒し、初戦突破を果たしました。

3回戦の報徳学園戦では、初回に1点を先制したものの、3回に4点、5回に3点と集中打を浴びて失点し、打線も報徳学園投手陣を捉えることができずに3回戦敗退となりました。

 

常葉大菊川(静岡)

常葉大菊川 1回戦 対益田東(島根) 8-7 ○

2回戦 対日南学園(宮崎) 3-0 ○

3回戦 対近江(滋賀) 4-9 ●

 

常葉大菊川は初戦の益田東戦は、序盤に6点を奪い大きくリードしますが、中盤以降追い上げられ7回に一時逆転を許します。

しかしながら8回に2点を奪い再逆転に成功して辛くも初戦突破を果たしました。

2回戦の日南学園戦は、打線は小刻みに1点ずつ得点を重ね、投げては漢人投手が完封勝利を飾りました。

3回戦の近江戦は、序盤から終始リードを許し、投打に圧倒されましたが、9回に3点を返して粘りを見せました。

 

大垣日大(岐阜)

大垣日大 1回戦 対東海大星翔(熊本) 9-3 ○

2回戦 対金足農(秋田) 3-6 ●

 

大垣日大は初戦の東海大星翔戦は、序盤に先制を許しリードを許すものの、堀本選手の満塁本塁打、小野寺選手の2本塁打などで逆転で勝利を収めました。

2回戦の金足農戦は、序盤に3点を取り合い、以降は投手戦となりましたが、8回に金足農の大友選手に本塁打を打たれ勝ち越しを許し、9回にも2点を追加され、打線も吉田投手を最後まで打ち崩すことができませんでした。

 

まとめ

今回の第100回大会の東海勢は常葉大菊川の2勝が最高成績でした。

しかしながら近江や吉田投手を擁する金足農など4強以上に進んだ高校に敗れているので、来年以降はさらに上位を期待しましょう。

白山も今回の経験を糧に来年戻ってきてもらいたいですね。

【スポンサーリンク】