9 九州・沖縄

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(大分編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の大分県勢についてまとめてみました。

大分では藤蔭高校が28年ぶり2回目の出場を勝ち取りましたが、最近の大分勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の大分勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、大分勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
明豊 6(01,04,09,11,15,17) 3(06,10,14) 2(13,18)
大分 2(14,16) なし 3(99,09,13)
日田林工 2(99,08) 1(09) 2(10,11)
柳ヶ浦 2(02,03) 1(18) 6(99,04,05,08,15,17)
藤陰 1(18) 3(01,05,12) 2(08,16)
大分商 1(13) 2(15,17) 2(00,11)
杵築 1(12) 1(02) 2(01,15)
大分工 1(10) 2(00,07) 1(04)
楊志館 1(07) 1(03) 1(06)
鶴崎工 1(06) なし 1(05)
別府青山 1(05) なし なし
中津工 1(00) なし 1(03)
佐伯鶴城 なし 1(16) 2(06,18)
大分上野丘 なし 1(13) 1(14)
日本文理大付 なし 1(11) なし
大分雄城台 なし 2(99,08) 3(00,02,07)
国東 なし 1(04) 1(01)

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で12校が優勝しています。

頭一つ抜けている明豊

大分県勢では近年明豊が頭一つ抜けています。

明豊が出場しない年は、他の高校が入れかわり立ちかわりで甲子園を経験しています。

まだまだ明豊以上に甲子園の常連になる高校は見当たりませんが、甲子園を経験することでその下の世代に経験が受け継がれて、いつか明豊のように大分といえばこの高校と呼ばれる高校に出てきてもらいたいですね。

 

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 日田林工 3回戦 1勝
2000 中津工 2回戦
2001 明豊 8強 3勝
2002 柳ヶ浦 2回戦
2003 柳ヶ浦 1回戦
2004 明豊 1回戦
2005 別府青山 1回戦
2006 鶴崎工 1回戦
2007 楊志館 8強 2勝
2008 日田林工 1回戦
2009 明豊 8強 3勝
2010 大分工 1回戦
2011 明豊 3回戦 1勝
2012 杵築 1回戦
2013 大分商 1回戦
2014 大分 1回戦
2015 明豊 1回戦
2016 大分 1回戦
2017 明豊 8強 2勝

 

上記のとおり大分勢はこの19年夏の甲子園は12勝19敗となっています。

昨年明豊が2勝して8強入りしていますが、それまでは5年連続初戦敗退でした。

甲子園で勝利している大会は6回中4回明豊ということで、明豊以外の高校にも全国で通用する高校に出てきてもらいたいものです。

 

近年でプロ野球に進んだ大分の高校出身の選手は?

近年では明豊の今宮 健太選手(福岡ソフトバンク)、大分商の川瀬 晃選手(福岡ソフトバンク)、源田 壮亮選手(埼玉西武)、柳ヶ浦の山口 俊選手(巨人)、脇谷 亮太選手(巨人)、藤陰の一岡 竜司選手(広島)などがいらっしゃいます。

まとめ

甲子園では明豊以外ではなかなか勝てていない大分勢だからこそ、今年の第100回大会に出場する藤陰高校には是非まずは初戦突破を目指してもらいたいですね。

期待しましょう!

【スポンサーリンク】