4 関東

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(埼玉編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の埼玉県勢についてまとめてみました。

埼玉では花咲徳栄高校が4年連続4回目、浦和学院高校が5年ぶり13回目の出場を勝ち取りましたが、最近の埼玉勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の埼玉勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、埼玉勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

 

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
浦和学院 9(00,02,04,06~08,12,13,18) 2(99,17) 5(03,05,11,10,15)
花咲徳栄 6(01,11,15~18) 1(10) 3(00,05,07)
聖望学園 3(99,03,09) 2(12,16) 4(04,06,13,18)
本庄第一 2(08,10) 1(07) 2(06,11)
春日部共栄 2(05,14) 3(00,03,11) 5(01,02,12,16,17)
川口 なし 1(18) 2(12,13)
白岡 なし 1(15) なし
市立川越 なし 1(14) なし
川越東 なし 1(13) 2(10,18)
埼玉栄 なし 2(05,09) 2(99,04)
立教新座 なし 1(08) なし
上尾 なし 2(08,18) なし
鷲宮 なし 1(06) なし
所沢商 なし 1(04) なし
坂戸西 なし 1(02) なし
春日部東 なし 1(01) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で5校のみが優勝しており、近年は浦和学院と花咲徳栄が頭一つ抜けています。

花咲徳栄の黄金時代となるのか?

今大会の第100回大会で4年連続甲子園出場を決めている花咲徳栄。昨年は甲子園制覇も経験して今まさに黄金時代と言えます。

今大会は埼玉からは2校が出場できる恩恵もあり、近年最多出場の浦和学院も甲子園に出場しますが、来年以降花咲徳栄の牙城を崩すことができるのか注目です。

聖望学園、春日部共栄は続けるか?

花咲徳栄、浦和学院に次ぐ強豪校としては近年は聖望学園と春日部共栄でしょうか。

4強以上はいけるもののあと一歩花咲徳栄、浦和学院の後塵に甘んじています。

その他本庄第一、埼玉栄のほか、川口、川越東など公立校にも強豪校が多いのが埼玉の特徴です。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 聖望学園 2回戦
2000 浦和学院 2回戦 1勝
2001 花咲徳栄 2回戦 1勝
2002 浦和学院 2回戦 1勝
2003 聖望学園 8強 2勝
2004 浦和学院 2回戦 1勝
2005 春日部共栄 1回戦
2006 浦和学院 1回戦
2007 浦和学院 2回戦
2008南 浦和学院 1回戦
2008北 本庄第一 2回戦 1勝
2009 聖望学園 1回戦
2010 本庄第一 1回戦
2011 花咲徳栄 1回戦
2012 浦和学院 3回戦 2勝
2013 浦和学院 1回戦
2014 春日部共栄 2回戦 1勝
2015 花咲徳栄 8強 2勝
2016 花咲徳栄 3回戦 2勝
2017 花咲徳栄 優勝 6勝

 

上記のとおり埼玉県勢はこの19年夏の甲子園は20勝20敗となっています。

2000年代中盤に一時初戦突破できない時代があったものの、近年は4年連続で初戦突破し、昨年の花咲徳栄は優勝を経験しています。

近年でプロ野球に進んだ埼玉の高校出身の選手は?

近年では浦和学院の大竹 寛選手(巨人)、須永 英輝選手(元日本ハム)、今成 亮太選手(阪神)、豊田 拓矢選手(埼玉西武)、花咲徳栄の根元 俊一選手(千葉ロッテ)、若月 健矢選手(オリックス)、高橋 昂也選手(広島)、清水 達也選手(中日)、西川 愛也選手(埼玉西武)、楠本 泰史選手(DeNA)、春日部共栄の中村 勝選手(北海道日本ハム)、立教新座の戸村 健次選手(東北楽天)などがいらっしゃいます。

 

まとめ

甲子園では常に上位のイメージがあるとおり、近年は4年連続で初戦を突破しています。

県内でも花咲徳栄1強にならないように浦和学院を始め、切磋琢磨して盛り上げていってほしいですね。

【スポンサーリンク】