6 近畿

夏の高校野球地方大会過去20年から見えてきたものとは?(滋賀編1999~2018)

どうも!

高校野球をこよなく愛するつっつーです!

2018年の夏の全国高校野球選手権大会も各地で代表校が名乗りをあげ始めていますね。

今回の記事では近年の滋賀県勢についてまとめてみました。

滋賀では近江高校が2年ぶり13回目の出場を勝ち取りましたが、最近の滋賀勢の甲子園出場校と惜しくも涙を飲んだ高校をご存じですか?

今回の記事では、直近20年間(1999~2018)の夏の甲子園の滋賀勢の出場校とその成績についてご紹介していきます。

過去の代表校や県大会ベスト4まで勝ち残った高校を見てみると、滋賀勢の高校野球勢力図の変遷が見て取れます。

【スポンサーリンク】

 

 

 

過去20年(1999~2018)の優勝、準優勝校での比較

 

過去20年の決勝進出チームの戦績を優勝回数の多い順に比較してみました。

高校名 優勝回数 準優勝回数 ベスト4回数
近江 8(01,03,05,07,08,14,16,18) 5(99,00,09,15,17) 2(04,13)
北大津 3(04,10,12) 4(033,07,11,14) 2(01,09)
八幡商 3(00,06,11) なし 5(02,05,08,12,14)
比叡山 2(99,15) なし 1(09)
彦根東 2(13,17) 2(05,10) 2(99,07)
滋賀学園 1(09) 1(06) 4(03,10,16,18)
光泉 1(02) 1(01) 2(05,12)
高島 なし 1(16) なし
近江兄弟社 なし 1(13) 3(10,11,18)
野洲 なし 1(12) 1(15)
綾羽 なし 2(08,18) なし
八日市南 なし 1(04) なし
彦根工 なし 1(02) なし

※かっこ内は年度を表しています。

過去20年で7校が優勝しています。

近江が筆頭、追う北大津と八幡商

この20年で4強以上が15回の近江が筆頭です。

追うのは同9回の北大津と同8回の八幡商になります。

とはいえ北大津も八幡商も2015年以降は4強に入れておらずやや苦戦気味です。

力をつけてきた比叡山、彦根東、滋賀学園

近年力をつけてきているのが比叡山、彦根東、滋賀学園になります。

特に彦根東、滋賀学園は近年は春の選抜にも選ばれています。

今後近江を脅かす存在になるのではないでしょうか。

甲子園での戦績は?

ではこの20年の甲子園での戦績はどうなっているのでしょうか。

年度 高校名 戦績 勝数
1999 比叡山 1回戦
2000 八幡商 1回戦
2001 近江 準優勝 4勝
2002 光泉 2回戦
2003 近江 2回戦 1勝
2004 北大津 1回戦
2005 近江 1回戦
2006 八幡商 1回戦
2007 近江 2回戦 1勝
2008 近江 1回戦
2009 滋賀学園 1回戦
2010 北大津 3回戦 2勝
2011 八幡商 3回戦 2勝
2012 北大津 1回戦
2013 彦根東 2回戦
2014 近江 3回戦 1勝
2015 比叡山 1回戦
2016 近江 1回戦
2017 彦根東 2回戦 1勝

 

上記のとおり滋賀県勢はこの19年夏の甲子園は12勝19敗となっています。

2001年の近江の準優勝が際立っていますが、全体的には初戦突破や2勝以上が出来ずに苦戦しているようです。

 

近年でプロ野球に進んだ滋賀の高校出身の選手は?

 

近年では近江の植田 海選手(阪神)、京山 将弥選手(DeNA)、比叡山の岩見 雅紀選手(東北楽天)、八幡商の則本 昂大選手(東北楽天)などがいらっしゃいます。

 

まとめ

甲子園ではなかなか上位に行けていない滋賀勢ですが、今回の第100回大会に出場するのは近江高校です。

2001年に準優勝したときのように粘り強い戦いを見せて上位を目指してほしいですね。

【スポンサーリンク】